- KOTUN の食器、カトラリーを作るための木について -

1、KOTUNのお皿を製作するための木の材料とは?

原木の直径から作れるお皿の大きさ

板目材

柾目材

 KOTUNのお皿の木の幅は大体24㎝ほどあるのですが、この大きさのお皿を作るためには25㎝の幅がないと作れません。これは削っていくのでちょっと大きめの材料を考えなければならないためです.

 つまり、丸太の状態で木の直径が25㎝以上ないとダメなんです。そして一本の丸太からお皿用の薄い板を作るためにはノコギリで何回も切ることになりますが、切れば切るほど切断で消えてなくなってしまう量も増えてしまいます。そのためできるだけ木を大切に使おうと思うと、大きい木は厚く製材するのがセオリーになるのです。

 木は何年もかけて大きくなる貴重なものですから、大きな丸太を小さく細切れにしていくことは非常にもったいないことです。だからこそ小さい部材は小さい丸太から、幅が広くて厚みのある部材は大きな丸太から、が大切。

 そう考えると、KOTUNで使用する薄くて幅が広い材料というはとても贅沢で、いつでも作れるわけではない。材料を探し、手に入った分だけお皿を作れて、逆になくなったら今度はいつ作れるかわからない。そんな風な事情ですから、気長にお付き合頂けると嬉しいです。

2.木目の違いとは?

木というのは、材料の取り方でその木目の表情が変わります。

 

板目:波打つような表情になります、

柾目:まっすぐと通った表情になります。

 

 柾目材というものは最初の絵の通り、板目材の半分の幅でしか取れません。すなわち幅が広い柾目材はとても大きな木でしか取れませんし、その量も少ないのです。そうなると貴重な材料となり価格も高くなります。しかも木目が通っているということは反りやねじれが生じる可能性が低くなるんですね。まさに良いところだらけだと思いますが、じゃあ板目材は柾目材に比べて劣っているかというと?そんなことはないんです。たしかに板目材は反ったりする可能性は高いですが、板目でしか現れない木目の表情があるわけですから。板目材と比べると柾目材はただまっすぐの木目で退屈だなーとも思うわけです。どちらにもマイナスに見える部分があって、どちらにも魅力がある。だからこそ、どこに魅力を感じ選ぶかはその人次第。どちらが良いということはありませんので、自分にとってどちらが魅力的なのか楽しんで選んでみて下さい!

3.KOTUNで使用している木の種類とは?

主に3種類の木を用いています。

 

・チェリー・メープル・ウォールナット

 

全てアメリカの材料ですが、これを日本の材料で置き換えた時

 ・チェリー → 桜材

 ・メープル → 楓材

 ・ウォールナット → 胡桃材

となります。

 それぞれアメリカ産のものとは特徴が違いますので、それはそれで違いが面白いのですが、日本の材料はなかなか沢山手に入りません。安定して手に入るものではないのが現状で、国産材の広葉樹の魅力を知っているKOTUNとしても、手に入った時には積極的に製作したいものです。また地産地消ということがあるように、自国のものを大切にしたいのはもちろんですが、アメリカ材に対して否定的な考えはありません。国産材だろうとアメリカ産だろうと良い木は良いんです。それは他の国のものであろうと同じです。自らの価値基準で木そのものをしっかりと見て、それぞれの魅力を知って製作していきたいと考えています。

 それとは別に、単純にいつか国産材のお皿を安定的に作れるように、木を育てる活動にも力を発揮できるようになりたいと思っています。

IMG_3423.jpeg

左:板目材  右:柾目材

チェリーサンプル画像.jpg
メープルサンプル画像.jpg
ウォルナットサンプル画像.jpg