© 2023 by Name of Template. Proudly created with Wix.com

 - KOTUN の食器、カトラリーを作るための木について -

1、KOTUNのお皿を製作するための木の材料とは?

こちらでは、製作するための木について記載してます。

原木の直径から作れるお皿の大きさ

板目材

柾目材

 KOTUNのお皿の木の幅は大体24㎝ほどあるはずですが、この大きさのお皿を作るためには25㎝の幅がないと作れません。25㎝必要なのは削っていくのでちょっと大きめの材料を考えなければならないためです.

 つまり、製作するためには木の直径が25㎝以上ないとダメです。そして一本の原木からお皿用の薄い板を作るためにはノコギリで何回も切ることになります。ですが切る回数が増えるということは、ノコギリで切って消えてなくなってしまう量が増えてしまうことになるのです。そのためできるだけ木を大切に使おうと思うと、普通は大きい木は厚く製材するのがセオリーになるのです。

 木は何年もかけて大きくなる貴重なものですから、少しでも無駄なく製材しなくてはなりません。そして、直径の大きな原木はとても貴重ですから、大きな原木を小さく細切れにしていくことは非常にもったいないことです。小さい部材は小さい原木から、幅が広くて厚みのある部材は大きな原木から。これがセオリーです。

 そうなってくるとKOTUNで使用する薄くて幅が広い材料というはとても貴重なんです。幅の広い原木は分厚く製材して価値が生まれるので、それをいちいち薄くは製材しないので。

 だからこそ、KOTUNのお皿はいつでも作れるわけではなく、材料を探し、手に入った材料で手に入った材料分だけお皿を作れます。逆になくなったら今度はいつ作れるかわからない。そんな風な事情ですから、気長にお付き合い下さい。

 

 

2.木目の違いとは?

木というのは、材料の取り方でその木目の表情が変わります。

 

板目:波打つような表情になります、

柾目:まっすぐと通った表情になります。

 

 単純に柾目材というものは絵を見ていただくと分かる通り、板目材の半分の幅でしか取れません。つまり柾目材は木の直径の半分になります。すなわち幅が広い柾目材はとても大きな木でしか取れませんし、その量も少ないのです。そうなってくると材料自体の価格は高くなるし、貴重な材料となります。しかも木目が通っているということは反りやねじれが生じる可能性が低くなるんですね。まさに良いところだらけだと思いますが、じゃあ板目材は柾目材に劣っているかというと?そんなことはないですよね。たしかに板目材は柾目材より反ったりねじれたりする可能性は高いですが、板目材でしか現れない木目の表情があるわけですから。

 板目材から見たら柾目材はただまっすぐの木目で退屈なやつだなーと思うわけです。

それぞれの立場から見たらどちらにもマイナスに見える部分があって、どちらにも魅力がある。だからこそ、そのどちらに魅力を感じるか選ぶのはその人次第。どちらが良いかということはありませんので、自分にとってどちらが魅力的なのか楽しんで選んでみて下さい!

 

 

3.KOTUNで使用している木の種類とは?

主に3種類の木を用いています。

 ・ブラックチェリー

 ・ハードメープル

 ・ウォールナット

全てアメリカの材料ですが、これを日本の材料で置き換えた時

 ・ブラックチェリー → 桜材

 ・ハードメープル → 楓材

 ・ウォールナット → 胡桃材

となります。

 それぞれアメリカ産のものとは特徴が違いますので、それはそれで違いが面白くもあるのですが、日本の材料はなかなか沢山手に入りません。安定して手に入るものではないのが現状で残念ですが、国産材の広葉樹の魅力を知っていますので、KOTUNでも手に入った時には積極的に製作しますが、主に使用するのはアメリカ産のものです。

 また様々な考え方があると思いますが、KOTUNではアメリカ材に対して否定的な考えはもちろんありません。国産材だろうとアメリカ産だろうと良いものは良いし、悪いものは悪いですから。それは別の国のものであろうと同じです。そこは自らの価値基準で木そのものをしっかりと見て、それぞれの魅力を知って製作していきたいと考えています。